乳がん検診BREAST CANCER SCREENING

乳がん検診の特徴

特徴1当健診所での受診者数は年々増加傾向

乳がん検診への関心が高まっています。
一度も受けたことがない方はまずは検診をおすすめします。

  • 乳房触診+マンモグラフィ受診者数乳房触診+マンモグラフィ受診者数
  • 乳房触診+乳エコー受診者数乳房触診+乳エコー受診者数

※当健診所での受診者数の推移

特徴2女性放射線技師による撮影

「検診マンモグラフィ撮影技術認定」の資格を持つ女性放射線技師が撮影を行っています。
また、マンモグラフィ撮影の際に上半身の検診着を脱いでいただきますが専用ケープを準備しております。
※撮影時はケープをあげさせていただきます。

特徴3女性技師による乳腺エコー検査

日本乳がん検診精度管理中央機構の乳房超音波技術講習会を受講し
実力評価試験でA判定とされた技師が乳腺エコーに従事しています。

特徴4専門医による画像チェック

「検診マンモグラフィ読影認定医(精中委)」・「日本乳癌学会乳腺認定医」の資格を持つ2人の専門医によりレントゲン写真及びエコー画像のチェックを行っています。

特徴5マンモグラフィと乳腺エコーの特徴

  マンモグラフィ 乳腺エコー
メリット

・40歳以上の女性、特に閉経後の女性の乳がんの早期発見が得意

・乳腺が発達している人や、閉経前の若い世代でもしこりが発見しやすい

デメリット

・乳腺が発達している若い世代は高濃度乳腺
(※1)により乳がんが見つかりにくい

・検査する人の技術の差がでやすい(当健診所では試験成績認定証保持者が検査を実施しています)

また、40歳代の日本人女性を対象とした研究において、マンモグラフィと乳腺エコーを併用することにより乳がんの発見率が上がることが報告されました。(J-START試験)

※1 高濃度乳腺とは

乳腺が発達していて乳腺濃度が高いことをいいます。
乳腺濃度が高い方がマンモグラフィを撮影すると、乳房が全体的に白く写ります。
乳がんも白く写り見つけることが難しくなるので、乳腺エコーとの併用をおすすめしています。
一般的には、若い世代の方が乳腺は発達していますが、40歳以上でも高濃度乳腺の方がいらっしゃいます。

乳がんが見つけにくい!乳がんが見つけにくい!

マンモグラフィか乳腺エコーか迷われる場合はお電話にてお問い合わせください

特徴6デジタルデータ管理により過去データの比較可能

当健診所ではデジタルデータにより結果の管理・保存を行っております。
このため、前回の撮影情報や診断結果と比較して検査結果の診断をおこなうことが可能になります。

特徴7フォローアップ体制の充実

精密検査が必要になった場合は、当クリニックへのご案内も致します。かかりつけ医がある場合はお申し出ください。
当日医師と受診先の病院についてご相談いただき、総合病院を受診希望の場合は最初の診察予約をおとりできます。

<料金・実施曜日>
コース 料金 実施曜日
乳房触診 ¥2,160 月曜日~金曜日
乳房触診マンモグラフィ ¥5,940
乳房触診乳腺エコー ¥5,940
乳房触診乳腺エコーマンモグラフィ ¥9,720
  • ※検査の開始時間は検診内容によって異なりますのでお問い合わせください。
  • ※広島市からのクーポン&受診券の予約方法はこちら
    (コース内容が異なります詳しくはお電話にてお問い合わせください。)

Dr情報

乳腺外科 
春田 るみ

火曜日・金曜日の乳がん検診を担当しています。
乳がんにかかる人の数は特に40歳代から増えており、できるだけ早期発見することが大切です。そのため、40歳を過ぎたら自覚症状が無くても定期的に乳がん検診を受ける事が勧められています。
また、当健診所ではクリニックにて外来診察も実施しております。
気になる症状がある方は、外来にてご受診ください。

よくあるお問い合わせ

授乳中でも受診できますか。
授乳(1年未満)中は乳腺が発達している可能性が高いため、検診をご遠慮いただいております。
気になることがある場合はお近くの乳腺外来をご受診ください。
妊娠中でも受診できますか。
妊娠中は乳腺が発達し、また乳房に刺激を与えることにより子宮収縮につながる可能性があるため、検診をご遠慮いただいております。かかりつけの病院にてご相談ください。
胸のサイズによって撮れないことはあるか。
胸の大きさに関わらず、全ての方に撮影していただけますのでご安心下さい。
マンモグラフィは痛みがありますか。
個人差はありますが、多少の痛みを感じる方もいらっしゃいます。
痛みの少ない検診を心がけていますので不安な方はご相談下さい。
豊胸手術をしていても検査できますか。
マンモグラフィが実施できない場合がありますので、先に医師の診察を受けていただきます。