がん検診CANCER SCREENING

日本人のがんによる死亡者数は年々増加しており、現在、がんは死因の第1位です。
現在の統計上では、日本人の2人に1人はがんになり、3人に1人ががんで亡くなっていると言われています。
しかし、がんは早期発見・早期治療することで、多くの方が治るようになってきました。早期のがんは、症状の無いことが多いため、自分では見つけにくいものです。
具合が悪くなってから病院へ行くのではなく、症状の無いうちに定期的に検診を受けることで、がんの早期発見・早期治療につなげたいものです。
がん検診を受けましょう!

種類 検診内容
胃がん検診 胃部レントゲンまたは上部消化管内視鏡
肺がん検診 胸部レントゲン
大腸がん検診 便潜血(検便)
乳がん検診 触診・マンモグラフィ
子宮頸がん検診 内診・子宮頸部細胞診

胃がん・肺がん・大腸がん検診

  • 胃部レントゲンまたは内視鏡受診者数胃部レントゲンまたは内視鏡受診者数
  • 便潜血受診者数便潜血受診者数
  • 胸部レントゲン受診者数胸部レントゲン受診者数

    ※当健診所での受診者数の推移

  • 多くのがんは自覚症状がないまま進行します。

    早期発見するために定期的にがん検診を受けることが重要です。

胃がん・肺がん・大腸がん
検診の特徴

特徴1女性放射線技師による撮影

「胃がん検診専門技師認定」の資格を持つ女性放射線技師が撮影します。

特徴2専門医による検査結果の読影

放射線科診断専門医や呼吸器専門医、消化器内科専門医など必ず2人以上の医師で判定し、より正確な結果をお届けしています。

特徴3事前に医師との面談で安全性の確保

体調や既往歴などで不安なことがありましたら当日受付でお知らせください。胃がん検診前に医師との面談で検査の実施について相談できます。
また、お腹の緩い方や便秘がちな方はご相談ください。

特徴4フォローアップ体制の充実

精密検査が必要な場合、無料で紹介状を発行しています。必要な場合データ結果およびCD-R(有料)のお渡しも可能です。
また、総合病院を受診希望の場合、最初の診察予約をお取りできます。
総合病院以外にも地域の病院や当クリニックへのご案内をいたします。

Dr情報

副理事長 
岡本 賢

がん検診は特に自覚症状もなく、健康的に日常を過ごしている人を対象にしています。
がんを見つけることが目的ですが、がんになる前段階の病変が見つかることもあります。
もちろん早期であればがんを治せる可能性は非常に高く、必要な時に必要な検査や治療を受ける事ができます。また、過去に異常がない場合でも定期的な経過観察を行うことでがんは見つけやすくなります。みなさまの健康とご家庭の幸福を願って、お1人でも多くの方のご利用をお持ちしております。

広島市からのクーポン&
受診券利用時のご利用について

広島市発行のクーポン券及び受診券のみ単独でのがん検診の受診可能です。
上記以外では、がん検診のみのご利用はいただけないので人間ドックをご利用下さい。

<予約について>

  • 1.「保険証」「広島市からのクーポンまたは受診券」をご準備の上ご連絡ください。

  • 2.日程をご相談ください。受診日は予約日から1週間以上先の日程を検討ください。
    オプション検査の追加は出来ません。詳細については予約時に確認をお願いします。

  • 3.事前に健診所から「問診票」「検査の案内」を送付いたします。

  • 4.健診当日は、「問診票」「クーポン券または受診券」「保険証」をご持参ください。

  • 5.受診日より2・3週間程度で結果を送付いたします。

よくあるお問い合わせ

バリウムを冷たくできますか
胃の粘膜への付着を良くするために温かくしております。そのため冷たくしてのお渡しはしておりません。
検査終了後はアルコールは飲んでもいいですか
アルコールは便を固くしてしまう可能性があるため、お控えください。
検査後は、いつもより多めにお水やお茶で水分補給をしてください。
バリウム検査後真っ白い便がでません
排便時の色は必ず白いとは限りません。腸内に便が残っている場合は黄土色や部分的に白い便が排出されることがあります。
ご心配の場合はご連絡ください。
検査当日に喫煙できますか
検査に影響があるため当日の喫煙はご遠慮ください。